Bplats Tech Insider

なぜ、サブスクリプションは難しいのか?

2017.09.15 カテゴリー: 新機能・情報提供

サブスクリプションビジネスを企画されているご担当様のみなさまにご参考になればと「日本で一番サブスクリプションを知っている」当社代表の藤田が「なぜ、サブスクリプションは難しいのか?」についてまとめました。

なぜ、サブスクリプションは難しいのか?

「サブスクリプション」という言葉自体、未だ聞き慣れない言葉かもしれません。しかしながら、「所有」から「利用」へ、「モノ」から「コト」へとビジネスモデルのトランスフォーメーションが起きている現代、サブスクリプションマネージメントの必要姓は急速に増しているといえます。

その一方で、「サブスクリプション」の本質を見誤り、課金システムの延長線上や、毎月の自動請求書発行システムのようなものと捉えている方も未だ多いのも実情です。

「サブスクリプション」の本質は複数のパートナー企業と最終顧客である利用者を「つなげる」という継続的なリレーションシップの再定義とも言えます。IoTなどにおいては技術面でのパートナー連携の議論と並行し、ビジネス面での連携の検討は、IoT成功の最も重要なポイントの一つと考えられます。

本資料のダウンロード

本資料はこちらからPDFにてダウンロードいただけます。
 ※ダウンロードいただくには、お客様情報のご入力が必要になります。

お問い合わせ / 資料・カタログ

継続課金、定期販売などのサブスクリプション事業をご検討中の事業者さま、
顧客管理、契約管理、請求課金などにお悩みの事業者さまは、
ビープラッツにお気軽にご相談ください!